Support

はじめに

このページでは,拙著の誤字脱字等,修正情報を広報いたします。

編集に際しては,何度も丁寧に校正しているつもりではありますが,どうしても完璧なものができませんで,ご迷惑をおかけしておりますことをお詫びいたします。

訂正一覧

研究論文を読み解くための多変量解析入門 基礎篇: 重回帰分析からメタ分析まで

  • P.150
    • 誤)「-0.967という回帰係数は14.2°でMDS第二軸と交わっている。-0.952は14.7°で交わっている。」
    • 正)「-0.967という回帰係数は14.7°でMDS第二軸と交わっている。-0.952は17.8°で交わっている。」

言葉と数式で理解する多変量解析入門(https://amzn.to/2L7qKf5)

  • P. 28 1行目

    • 誤) 標準化することで,間隔尺度水準のデータに0点が与えられることになり,比率尺度水準の値として扱うことが可能になるということです。
    • 正) 標準化することで,間隔尺度水準のデータ同士の原点が揃うことになり,量的なデータとして扱いやすくなるということです。
  • P.29 表2.7 相関係数表

    • 誤)英語の列の相関係数が「0.000」
    • 正)計算できないので,ゼロではなく,何も書くべきではありませんでした。
  • P. 41 図3.3 因子分析系の基準の説明

    • 誤) 共変動を手がかりに,なるべく小数の
    • 正) 共変動を手がかりに,なるべく少数の
  • P. 53 式4.6

    • 誤)a=s_{xy}/s_{x}^2 = r_{xy}*s_x/s_y
    • 正)a=s_{xy}/s_{x}^2 = r_{xy}*s_y/s_x
  • P.61 図4.8

    • 正)正しい図
  • P.69 引用文献に脱字

    • 誤) 南風原朝和(2002) 理統計学の基礎
    • 正) 南風原朝和(2002) 心理統計学の基礎
  • P.93 SMCの説明4行め

    • 誤) 相関(重相関)を共通性として用いる
    • 正) 相関(重相関)係数の二乗を共通性として用いる
  • P.97 13行め

    • 誤) 一方で,各座標軸に対し水平におろした座標
    • 正) 一方で,各座標軸に対し垂直におろした座標
  • P.117 脚注5

    • 誤) 例えばサイコロの目が1か2である確率は・・・
    • 正) 例えばサイコロの目が1回目に1がでて,2回目に2がでる確率は・・・
  • P.138 7.4一般化線型モデルの4行目

    • 誤) どちらでもgeneralとgenerarizeの違いでしか・・・
    • 正) どちらでもgeneralとgenerarizedの違いでしか・・・
  • P.178 図9.7

    • 正)図の赤色のところが変更点です。 正しい図
  • P.179 一行目の数式

    • 誤) 間違った式
    • 正) 修正した式
  • 221ページ 表11.9

    • 正) 血圧の列,「普通」と「低い」のラベルの位置が逆

豊田秀樹(編)「たのしいベイズモデリング」P.68–78 第7章,心の旅が始まる–観光のイメージの世代間比較–

  • P.68 7.1 個人差多次元尺度構成法 2行目
    • 誤) もちろんすべて言葉で表説明できるものでもない
    • 正) もちろん全て言葉で説明できるものでもない
  • P.70 L.15
    • 誤) 一方,Bは左右方向を縮小し(\(w_{B2}<1\)),上下方向を拡大している(\(w_{B1}>1\))
    • 正) 一方,Bは左右方向を縮小し(\(w_{B1}<1\)),上下方向を拡大している(\(w_{B2}>1\))
  • P.73 表7.2 グループごとの回答者数
    • MとFのラベルが逆
  • P.73 L.3
    • 誤) 男性をF,女性をMと記号化している。20Fは20代男性,30Mは30大女性を意味する。
    • 正) 男性をM,女性をFと記号化している。20Mは20代男性,30Fは30大女性を意味する。
  • P.75 表7.3 回答群ごとの次元の重み
    • MとFのラベルが逆

ソシオン理論入門―心と社会の基礎科学

ソシオン理論入門―心と社会の基礎科学は2006年4月,北大路書房より出版されました。

P.1  ジェイムズ「心理学」より
  • 誤)人が持っているもっとも特異な社会的自我は,彼が愛する物の心の中にあるものである。
  • 正)人が持っているもっとも特異な社会的自我は,彼が愛するの心の中にあるものである。

社会調査士のための多変量解析法

社会調査士のための多変量解析法は2007年5月,北大路書房より出版されました。

  • P.87 式[9.15] 共通性\(h^2\)の領域が\(d_j^2\)まで含んでいるが,正しくは\(a_{jm}^2\)まで。
  • P.104 平均値ベクトル\(m\) の式中,\(x'\)は,正しくは\(X'\).
  • P.109 図11.4で第一固有値の伸縮方向が(1,-2)になっているが,正しくは(1,1)方向。
  • P.125 T技法とS技法の説明が逆になっています。回答者間相関から(回答者)因子を出すのがS技法,時点間相関から(時間)因子を出すのがT技法

M-plusとRによる構造方程式モデリング入門

M-plusとRによる構造方程式モデリング入門は2014年1月に北大路書房より出版されました。

この本につきましては,専用のサポートサイト にて対応します。

Share